ツバメの巣を使った料理、レシピ

ツバメの巣を使った料理、そして、そのレシピを解説します。

 

水で戻すと10倍になる

 

ツバメの巣は乾燥しているので水で戻すことになります。調理の際には、戻すと何倍になるのか、1人ぶんはどれくらいなのかを把握しておきましょう。

 

ツバメの巣は、水で戻すと約10倍になります。

 

1グラムなら10グラム、10グラムなら100グラムほどになるわけですね。ちなみに、乾燥した状態のツバメの巣は1個2〜3グラムです。

 

ツバメの巣ひとつで10回の美容ドリンクが作れると言われていますので参考にしてください。

 

混ぜてもシロップ煮にしても

 

料理の前に。水で戻さなければならず、かつ、できればじっくりと水に浸けて充分に戻すのが望ましいため、料理の前日か半日前には水で戻す作業をしておきましょう。

 

◆混ぜる場合◆

 

料理に混ぜる場合はさほどたくさん入れなくてOKです。濃度よりも、回数を重視しましょう。

 

どういうことかというと、1回ぶんのスープにツバメの巣1個入れるよりも、10回ぶんのスープにツバメの巣を丸ごと1個入れるほうが継続摂取できるということです。

 

もちろん、ぜいたくに1回ぶんのスープに丸ごと1個ツバメの巣を入れても良いでしょう。スープ以外にもおかゆと相性が良く、ヨーグルトや杏仁豆腐に入れても良しです。

 

◆ツバメの巣そのものを食べる場合◆

 

ツバメの巣には味がなく、水で戻してもそのままだと食しにくいです。それでも、ツバメの巣そのものを味わいたいという人は、シロップ煮にしてみてください。

 

ツバメの巣を水と氷砂糖で煮るだけで食べやすいシロップ煮になります。シロップ煮をヨーグルトに入れても美味しいですよ。

 

ツバメの巣の美肌レシピ

 

日本でも活躍したタレントのビビアン・スーさんは美容のためにツバメの巣を食べることを習慣化しているそうです。台湾では調理済みのツバメの巣が普通に販売されているのでそれを食していたのだとか。

 

市販の調理済みツバメの巣だけでなく調理していないツバメの巣を自分で調理することもあり、そのレシピは、

 

@ツバメの巣を水に浸け、1時間毎にきれいな水に変えつつ、5時間掛けて戻す
A干しナツメや栄養のある野菜類と一緒に煮る
B氷砂糖で味付け

 

氷砂糖を使うのはツバメの巣の料理の中ではよくある手法です。