ツバメの巣の食べ方、摂り方

健康&美容食品であるツバメの巣。

 

中華料理屋さんへ行かないとなかなか食す機会はないかもしれませんが……普段摂取している健康食品や美肌サプリメントの代わりに食してみてはいかがでしょうか。

 

ツバメの巣の食べ方(摂り方)を紹介します。

 

まずは水で戻す

 

ツバメの巣は基本的に乾燥しています。よって、まずは水で戻すところから始めなければなりません。

 

〜ツバメの巣の戻し方〜
@ツバメの巣をボウルなどに入れ、水をひたひたになるまで加える
A充分にほぐしてから、羽根やゴミなどを取り除く
Bザルに上げて丁寧にすすぐ

 

ツバメが使わなくなった巣を採取しているため、羽毛などがついていることがあります。そういった羽毛等は食べるには適さないので除去してください。

 

ちなみに、ツバメの巣を戻すのに使った水は、ボディローションやトリートメントの代わりとして利用できます。

 

できればじっくりと水で戻す

 

ツバメの巣には色があります。ほとんどは白で、黄色、赤もあり、白より黄色、黄色より赤のほうが稀少価値があります。

 

白い巣は2時間ほど、黄色は4時間ほど、赤は12時間ほど水に浸けておくと良いと言われており、もしも黄色や赤といった稀少なツバメの巣が手に入ったなら、ぜひじっくりとふやかしてみたいですね。

 

なお、いずれもずっと水に浸けっぱなしにするのではなく途中で2回ほど水を変えるとより良いツバメの巣の戻し方となります。

 

そして火を通す

 

水で戻したツバメの巣をそのまま食べることはあまり推奨できません。火が通っていませんし、何より、味がないからです。

 

弱火で30分ほど煮込むか蒸すかして、火を通しましょう。

 

火が通ったツバメの巣は、デザートにも料理にもなります。ヨーグルトに入れればデザートに。スープやおかゆに入れれば料理に。何に入れるかはお好みで大丈夫です。